【なぜ?】山下達郎が嫌い・苦手と言われる理由3選!歌い方が苦手?

山下達郎さんは2023年7月現在、自身の発言が原因で大炎上しています。

そんな山下達郎さんのことを嫌い・苦手と言っている人がいるそうです。

「歌い方」や「批判」「忖度」等の言葉とともに嫌い・苦手と言われています。

今回は、山下達郎さんが嫌い・苦手と言われる理由を調査してみます。

山下達郎嫌い・苦手と言われている事実・根拠

まずは山下達郎さんについてネットの声を見ていきましょう。

このように山下達郎さんが嫌い、苦手といった声もあがっています。

その理由について詳しく説明していきます。

山下達郎が嫌い・苦手と言われる理由①歌い方

山下達郎さんが嫌い、苦手といった理由のひとつ目は「歌い方」

SNSではこのように言っている人がいました。

「歌い方」から嫌いと言っているのはごく一部の方だけでした。

山下達郎さんはあの「歌い方」だからこそこれまで多くの大ヒット曲を生み出してきたのだと考えられます。

オリコンで上位をマークしたシングルリリースだけでもこんなにあります。

1980年 Ride on Time
1982年 甘く危険な香り
1983年 高気圧ガール
1983年 クリスマスイブ
1985年 土曜日の恋人
1990年 Endless Game
2002年 loveland、island
2008年 ずっと一緒さ
2016年 Cheer Up The Summer
2023年 Sync Of Summer

さらに多くの方に楽曲を提供。

たとえばKinKi Kidsだけでもこんなにあります。

  • Kissから始まるミステリー(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • 硝子の少年(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • ジェットコースター・ロマンス(作詞:松本隆、作曲:山下達郎、編曲:船山基紀)
  • Happy Happy Greeting(作詞:松本隆、作曲・編曲:山下達郎)
  • Amazing Love(作詞:KinKi Kids、作曲:山下達郎)

テレビには出演されませんがCMなどでおなじみの歌が多いですよね。

特にのびやかな歌声が夏にぴったりです。

山下達郎が嫌い・苦手と言われる理由②批判

山下達郎さんが嫌い、苦手といった理由の二つ目は「批判」です。

この件については、2023年7月9日放送の「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM系)での発言が「批判」と、とられたようです。

さらに中森明菜さんの1986年発売のアルバム「CRIMSON」に楽曲を提供した時、収録された「駅」を聞いた山下がアレンジや歌い方に対し「批判」したことについても嫌われてしまいました。

ただこれは自分が作った楽曲のアレンジや解釈について「批判」したのであってプロならよくあることではないでしょうか?

山下達郎さんに限ったことではなく、クリエイターなら経験するやり取りだと思われます。

しかも37年も前のエピソードなので「なぜいまさら?」と言う意見も少なくありません。

山下達郎が嫌い・苦手と言われる理由③忖度?

山下達郎さんが嫌い、苦手といった理由の3つ目は「忖度」でした。

自身が経営するスマイルカンパニーから契約解除された音楽プロデューサーの松尾潔さんとの件についてラジオで弁明しました。

故人であるジャニー喜多川さんの性加害問題に関してメディアで言及した山下達郎さん。

弁明の最後に下記のように発言しました。

このような私の姿勢を、忖度あるいは長いものに巻かれていると解釈されるのであればそれでも構いません。きっとそういう方々には私の音楽は不要でしょう

しっかりと弁明が出来たと思っていたら、これが大炎上の元になってしまったのでした。

山下達郎さんの社会性まで問題視されるこの状況に対して山下達郎さんを擁護(ようご)する意見が多くなってきています。

それではここからは山下達郎さんを好きと言う方たちの声をご紹介していきます。

山下達郎が好きとの声が多数

SNSでは好きという声が多数あがっています。

山下達郎さんが好きと言っている人は大変多く、ここに載せたのはごく一部です。

山下達郎さんのコンサートのチケットは取りづらいので「嫌いになったのなら譲って」とまで言う人まで出てきました。

人気があるからこそ今回、大炎上してしまったのでしょう。

【なぜ?】山下達郎が嫌い・苦手と言われる理由3選!歌い方が苦手?まとめ

この記事では山下達郎さんが嫌い・苦手と言われる理由3選について紹介しました。

山下達郎さんが嫌い苦手と言われる理由に関しては実は「好き」の裏返しだったことが判明。

これからも大人気の山下達郎さんを応援していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2023年9月8日追記

山下達郎さんはライブを続けて美しい歌声をファンに聞かせてくれています。

これからも応援しましょう。

カテゴリー:
関連記事